感動!大阪のスイッチバーに行ってみた!

Pocket

こんにちは😃

令和の時代が幕を開けましたが、

今日は以前スイッチバーに行った時の感想を記事にしたいと思います。

スイッチバーとは大阪で2014年ごろから開かれているバーです。

梅田、難波などにあり、現在は東京にも開かれているみたいです。

私が行ったのは梅田の茶屋町にあるスイッチバーです。

建物の2階にありましたが、非常に並んでいました。

エレベーターの扉の前が長い列でした。

周りをみると美女がたくさんいました。

社会人や大学生らしき人がたくさんいました。

30分ほど並んで入りました。

(注意、10.11時くらいからかなりの確率で混むため、それよりも早く行くことをオススメします。)

そしてエレベーターで2階に行くとまた並んでいました。

15分ほど待って、やっと入れました。

値段ですが、男子は3000円、女子は1000円ですが、ライン予約すると割引してもらえます。

入るとたくさんの男女が話していました。

私自身すごくワクワクしてきました。

まず冷静に周りを見渡すとだいたい男女比率が5:5から6:4でした。

しかも美女がたくさんいました。

しかし私は一人で来たためなかなか声をかけれませんでした。

気持ちを切り替えるため、お酒を飲んでました。

※ちなみにここは、イエガーというお酒が飲み放題です。カクテルなど、購入しなければならないのもありますが、イエガーは飲み放題です。

するとひとりの男性が声をかけてくれましたw

めっちゃ嬉しかったです。

どうやら彼は、一人でいた私を助けるために声をかけてくれたようです。

彼は友達と来ていたらしく、彼女がいるため女の子達には絡まないらしいです。

私は男気を感じました。

そして彼が私のサポートをしてくれる事になりました。

そしてもう一人、私と同じように地蔵状態になっていた仲間を見つけ、3人になりました。

そして、女の子に声をかけてみる事になりました。

なんと一発目からうまくいきました。

看護師の女子2人組でした。

どうやら出会いがなさすぎてスイッチバーに来たみたいでした。

出身地が和歌山らしく、和歌山の話で盛り上がりました。

そして酒も奢ってあげました。

すごく喜んでくれ、ますます盛り上がりラインを交換しました。

そしてそのグループとは一旦終わりました、

その後も多数の女子と話しました。

看護師、保育士、大学生、専門学生、OLなどがいました。

みなさんやはり出会いを求めているようで、すごく気さくで楽しかったです。

ラインもたくさんゲットできました。

そして後日、看護師の女性にラインをすると、すごく仲良くなりデートの約束をすることができました💜

しかもその後、運良く付き合うことができました。

ヤッター!

また手助けしてくれた2人とも仲良くなり、仕事の話で盛り上がったり、次回スイッチバーに行こうという話にもなりました。

今回は非常に楽しかったです。

以上から私のスイッチバーの攻略法は

・服装キッチリ

・お酒をおごる

・失敗を恐れず声をかける

に加えて

・まず仲間(男)を見つける

・手を組む、励ましあう

・とりあえず声をかけまくり、慣れる

です。

もし断られても、一生その女性とは会いませんし、失うものはありません。

またお酒の力は使うべきです。

行動さえできれば、女性も出会いを求めているため、うまくいくのではないでしょうか?

失敗なんて忘れましょう。

うまくいくまで続ければ、失敗でなくなる。

本当にこの言葉につきます。

どうでしたでしょうか?

この記事が少しでも皆さんの参考になればいいと思います。

また今後情報を追加して行こうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました😊

よろしければコメントよろしくお願いします。!


スイッチバー大阪に潜入して見た!最新お持ち帰りスポットをご紹介【茶屋町店・東心斎橋店】

スイッチバーに行ってみた感想 【大阪・梅田の茶屋町店】

スイッチバーでのナンパ解説と行ってみた感想

スイッチバーに行ってみた感想

相席屋に行ってみた感想と攻略のポイント

オススメのクラブ紹介【大阪編】

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください